<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 カテゴリ別
 過去の記事
 投稿者一覧
リンク用バナー
奄美の島々の楽しみ方
shimajima.aman-yu.com
お勧め・関連書籍


RSS
<< これがリュウキュウアカショウビンの色です | main | 南海日日新聞に紹介記事。だがしかし(汗 >>
「陽出る國の銘酒2001」
本書「黒糖焼酎」の項目で紹介した喜界島・朝日酒造の新しいセエ(酒)ができた。mizumaさんのブログで紹介されている。

「陽出る國の銘酒2001」
 ひいずるシマのセエ

朝日酒造が畑作りからこだわって、原料の黒糖となるサトウキビからつくったセエ。

「黒糖焼酎は奄美群島でしかつくれない。島を伝える酒なんです。それなのに黒糖を沖縄とか、奄美以外から買ってきて、それでほんとうに島を伝える酒なのかってね」

昨日、名瀬の酒屋さんに電話したら、「ありますよ」と声が笑ってる。
「この酒はいいよね」。ふたりでしばし、語り合う。

私はまだ見ても飲んでもいないうちから、このセエに酔い、このセエに会えるときを待ちこがれている。

[喜界島]
| シマ情報 | 23:19 | comments(2) | trackbacks(0) |
コメント
黒糖焼酎の原料問題は、難しいですね。
私の知人の焼酎蔵の社長さんも、いつもそうおっしゃってます。
地元で考えていくだけじゃ現実問題としてクリアできないことも
多いわけだし、本当に難しいと思います。
| saito | 2007/02/15 1:54 PM |
「これが唯一の正解」はないと思います。
いろいろ考えたり、話したり、いろんな取り組みをしてみたり、試行錯誤を続けていくことが大事なんじゃないかな、と思ってます。
| sarah | 2007/02/15 3:15 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://shimajima.aman-yu.com/trackback/113205
トラックバック