<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 カテゴリ別
 過去の記事
 投稿者一覧
リンク用バナー
奄美の島々の楽しみ方
shimajima.aman-yu.com
お勧め・関連書籍


RSS
<< かけろま島へ到着 | main | 鶏飯全国版? >>
帰郷
帰ってきました。「昨日まで奄美の島々に帰ってきました」のような「昨夜、東京に帰ってきました」のようなびみょ〜な、かめぞです。初奄美だったんですけどね(^^;;

2007/02/24 加計呂麻島にて なかよしデイゴとガジュマル(sarahさん添え)
滞在中の投稿写真、でかすぎたり抜けてたり少なかったりで失礼しました(でも、記念に修正はしないでおきます・笑)。ケータイって使い慣れていないオッサンなもので、多めに見てやってください。それでも写真はゴソゴソと撮って来たので、改めてボチボチご紹介していきますので乞うご期待。もっとも、観光じゃなくてご挨拶回りだったし、ぼくは写真の腕はヘボヘボなので「おおっ、きれい」というような写真は少ないと思うんですけど(^^;;

今回、奄美大島と加計呂麻島で、たくさんの方々にお目にかかってきました。「これまで観光ガイドなどでは語られることの少なかった一面が描けているね」「奄美群島の素顔の魅力が出たね」「盛りだくさんの1冊になったね、がんばったね」と好意的に受け止めていただけていると実感してきました。ありがとうございます。

今回は、もちろんsarahさんのオマケでお目にかかったり、どなかたかの紹介でお目にかかったりしてきた方が多かったんです。でも、アポなし初対面で「こんにちわー」とお邪魔して、最初は「誰ね」という顔で迎えられても、結局ほとんどの方と10分20分30分とお話をして来てしまいました。コーヒーをいただき、お茶をいただき、ヤギ汁をいただき、タンカンをいただき、黒糖をいただき、焼酎をいただき、なによりも元気と、いろいろなことを考える機会をいただいてきました。
感謝感謝です。

みなさんの飾らない表情と言葉(にっこにこで迎えていただけるときだけでなく、素っ気なかったりつっけんどんなように見えるときもある、けれど、お愛想やおべんちゃらは一切ないと信じられる表情と言葉)。忘れられないだろうなあ。

折り重なるような、濃淡の島影。青とかグリーンとかでは言い尽くせない、複雑なグラデーションをたたえる海の表情。もこもことブロッコリーのようなシイの木に包まれた山々。複雑な海岸線。その狭間に慎ましく、しかししっかりと根を下ろしている集落。それを感じさせるシマごとのカミさま。ほの甘いシュマヌジュウリ。20発ぐらい頭突きをもらったリンゴちゃん。
三泊四日でも、観光ポイントには足を運ばなくても、簡単には語り尽くせないいろんな思いを持ち帰ってきました。
その辺は、ゆっくりと、写真を交えながらお話しして行きたいと思います。

4日間、本当にありがとうございました。
| 0702奄美行 | 01:33 | comments(2) | trackbacks(0) |
コメント
 kamezoさん、社会復帰できましたか?
 そろそろ初奄美レポ、よろしくお願いします。
 まだ行ったことの無い島の本を編集して、いきなりの初奄美。
 どんな感じに受け取ったのか。是非。お待ちしてます。
| mizuma | 2007/03/03 10:51 AM |
お待たせしました。
まずはお天気の話から、ゆるゆるとまいります(^^;;
| kamezo | 2007/03/03 10:48 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://shimajima.aman-yu.com/trackback/134530
トラックバック