<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 カテゴリ別
 過去の記事
 投稿者一覧
リンク用バナー
奄美の島々の楽しみ方
shimajima.aman-yu.com
お勧め・関連書籍


RSS
<< 遅まきながら:奄美営業日誌2月22日編 | main | 遅まきながら:奄美営業日誌2月24日編 >>
遅まきながら:奄美営業日誌2月23日編
一緒にたつや旅館に泊まったはまさんと「あったかいね〜」と言いながら朝食。

10時に大島支庁で記者会見。毎日新聞、読売新聞、南日本新聞。
1時間ほどの予定が、1時間半ぐらいに。


M氏に迎えに来てもらい、島の天と地を巡るツアー。
お昼は古仁屋の「なにわ食堂」。2時過ぎてみんなお腹がすいていたため、ものも言わずにガツガツ食べる。

おなかいっぱい、と言って出たはずが、大城もち店でよもぎ餅を買って、すぐ食べる。

瀬戸内町立図書館、館長の澤さんにご挨拶。帰り際、外出から戻った町さんとちょこっとご対面。

楠田書店。「タイトルがちゃんと『奄美』なのがいい。20冊入れたけどすぐ売れちゃって、30冊入れて、もうなくなりそう」。お店のショーウィンドウの真ん中に置いてくれている。

ティダモールのPer Sempreでコーヒーブレイク。「営業」の緊張感がとれたのか、突然しゃべり方が島モードに。

あまみ庵。20冊入れてくれる。『しまぬゆ』(南方新社)の案内、私も持っていないCD版『ムンユスィ』をもらう。

ティダモールで「あの立ち話してる後ろ姿は蔵満先生」、孝介君のお母さんと「あ、お久しぶりです〜」。

IT企業塾で講演のため、AiAi広場へ。
kamezoさんは「かずみ」でmizumaさんと合流。


IT企業塾ではネット販売に活かすライティング技術などのお話。その後、炙り屋で交流会。隆広君から電話あり、交流会を辞して、kamezoさんと合流し、3人でASiViへ。

隆広君の泥染め事始めにkamezoさん、いたく感動。
kamezoさん、別の席にいたサモガリのガーリックと、ネット試聴の話。

ASiViから出ると、蔵満先生とまたバッタリ。
隆広君、置き去りにしてごめん。


| 0702奄美行 | 21:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://shimajima.aman-yu.com/trackback/152088
トラックバック