<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 カテゴリ別
 過去の記事
 投稿者一覧
リンク用バナー
奄美の島々の楽しみ方
shimajima.aman-yu.com
お勧め・関連書籍


RSS
<< 奄美市制一周年 | main | ご紹介いただいているブログその6 >>
紹介いただいているブログ5
干瀬のまれびとの座」さんの「選択眼」(2007年03月15日)で触れられていました。
やはり沖縄モノで稼いでいる?双葉社が出した、『奄美の島々の楽しみ方』(あまんゆ編著 2007年2月15日刊 A5判207頁 本体価格1600円)は、奄美に詳しい執筆者を揃え、奄美諸島をディープに紹介してくれています。
沖縄と異なり、類書がほとんどないだけに、奄美を訪れる前に是非読んでおきたい本です。
お薦めです。
ありがとうございますー。
「干瀬のまれびとの座」さんは、サブに「まれびとの見る沖縄を語る」と書かれているように、沖縄をメインテーマにしているブログです。ti-da.netのユーザーさんは沖縄ファンの方が多いのですが、「琉球弧」という目線で見た時、沖縄も奄美もひとつながりだよな、と改めて思います。

奄美大島・太陽基礎☆ブログへようこそ」さんの「奄美を楽しむ」(March 21, 2007)を発見しました(^^)
http://plaza.rakuten.co.jp/taiyokiso/diary/200703210000/
ガイドブックにはない
自分で体感できた
島んちゅとの関わりなど
心が触れてその温かさで
出来上がった本だと感じました
ありがとうございますー(^^)
| 紹介文 | 18:21 | comments(1) | trackbacks(1) |
コメント
はじめまして。
干瀬のまれびと、と申します。
私のブログへのTBありがとうございました。

こちらのブログ、存じませんでした。失礼いたしました。
おっしゃるように、沖縄と奄美、場合によってはトカラ列島も含め、琉球弧という視座をもっと多くの人々に知って欲しいですね。

と申しましても、私は、奄美大島・喜界島・徳之島・与論島にしか渡ったことがありません。
沖縄には年に数回渡りますが、奄美諸島にはなかなかうかがえません。
けれど、本やCDなどを通して、関心は持ち続けています。
どうぞ、これから、よろしくお願いいたします。
| 干瀬のまれびと | 2007/03/24 11:30 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://shimajima.aman-yu.com/trackback/160576
トラックバック
選択眼
今日入手した本・雑誌から三点について、ちょっと書いてみます。雑誌「国文学 解釈と鑑賞」4月号は、「旅と文学」という特集。近現代の作家・詩人たちの紀行文を、北海道から沖縄まで、県別に並べて、近代文学研究者が解説をしています。全部で60余篇を取り上げていま
| 干瀬のまれびとの座 | 2007/03/24 11:23 PM |