<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 カテゴリ別
 過去の記事
 投稿者一覧
リンク用バナー
奄美の島々の楽しみ方
shimajima.aman-yu.com
お勧め・関連書籍


RSS
<< ホワイトシンドローム:サンゴの新たな死病 | main | 西表石垣国立公園が誕生 >>
うきゃ とぅりどぅり:梅雨明けの空
昨日、6月28日、奄美地方は梅雨明け。
gooブログ検索では300件以上がヒットし、多くの人が「やっと?」と感じているようだ。

梅雨明けの奄美はすっかり夏空らしく、今日名瀬の友人から「窓から見える空の青いこと!」というメール。「あげーのしま 奄美」には「午前8時から全力で暑い」とステキな夏空の写真がある。

そんな夏便りを見ていたら、瀬戸内町出身横浜在住の方から電話をいただく。

「梅雨明けですね〜、すごい青空みたいですよ」という挨拶から、島ことばは日本語に単純に置き換えられないものがあるよね、なんて話に。すると、「たとえばさっきの青空、梅雨明け、真っ青な空のとき、瀬戸内の言葉、自分のシマでは うきゃ とぅりどぅり って言ったんですよ」。

「うきゃ」は「うき(沖)+や」で「沖は」ということ。
「とぅりどぅり」というのは、波が静かになっていて、とっても凪いでいるときで、そんなときには海の遠くの方にスコールのような雨がサァーッと通っていくのが見える。そういうときの空の青さが、梅雨明けの青空なんですよ、と教えてくれた。

こんなすごい言葉を聞くと、暮らしとことばのとてつもない深いかかわり、そのことばのもつ時間の重みに圧倒されてしまう。

2,3度聞き返してゆっくり発音してもらって書き取りながら、シマのことばは、意味だけでなく、音として仮名に置き換えるのも難しいなぁと思う。発音(発声方法? 舌の使い方?)が違うから、「うきゃ」か「うき や」か、「とぅりどぅり」か「とぉりどぉり」か「とぅーりどぅーり」か迷うわけだ(うーん、こんな説明で分かってくれるかなぁ。。。)。


メールの文、ブログの写真、そして奥深いシマの言葉。今日は島の息吹が入ってきてうれしかった。
| シマ情報 | 22:04 | comments(2) | trackbacks(0) |
コメント
6月28日は 私の誕生日なんですよね〜

おととしは たつや旅館で
ちあきさんにケーキのご馳走でお祝いしてもらいました
いつも 奄美には この時期に
バースディ割引でいってました
今年からは そういうわけにもいかないのですが

4月の奄美も 楽しかったなぁ
仕事があるのなら 奄美に住みたいですよ!
| ひろみん@仙台 | 2007/07/01 7:34 PM |
スイマセン遅くなりました・・・。
とりあげていただきありがとうございます。

梅雨明けしたとたん、
奄美のかたがたは一斉に青空撮ってますよね〜。
撮らないともったいないような青空です。

「うきゃ とぅりどぅり」
またひとつ勉強になりました。
シマッチュに試してみようっと(発音悪くて伝わらないかも・・・)。
| はま | 2007/07/05 4:43 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://shimajima.aman-yu.com/trackback/260698
トラックバック