<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 カテゴリ別
 過去の記事
 投稿者一覧
リンク用バナー
奄美の島々の楽しみ方
shimajima.aman-yu.com
お勧め・関連書籍


RSS
<< アマミノクロウサギに耐性菌 | main | 台風とフェリー >>
チーム・マイナス6%
チーム・マイナス6%に入った。

-6%

このバナー、あちこちのブログで見たことありませんか?
私も自分のブログに貼ってますが、チーム・マイナス6%に入ると、このバナーをダウンロードできます。

●チーム・マイナス6%とは?
温暖化防止のために、CO2排出量をみんなで1日6%減らそうよ、というもの。

これは京都議定書で日本が約束した数値で、現在の国民ひとり当たり1日平均排出量6kgから6%の1kg(サッカーボール100個分)を減らせば目標を達成できる、ということ。

●私のチャレンジ宣言

・冷房の設定温度を26℃から28℃に2℃高くする  83g
・風呂の残り湯を洗濯に使いまわす  7g
・買い物の際は、マイバッグを持ち歩き、省包装の野菜を選ぶ  62g
・ジャーの保温をやめる  37g
・使わないときは温水洗浄便座のフタを閉める  15g

などの宣言項目で「やる!」というのをチェックすると、合計削減量を計算してくれる。ちなみに私が無理なくできそうな宣言をチェックしたところ「1日 1.209kg削減」で目標クリア。

sengen

でも大事なのは続けていくこと。そして「もうちょっと何かできないかな」を考え、実行していくことだろう。

●「ねばならぬ」から「できることをやってみよう」へ

ちょっと前まで、エコな暮らしというと、ケチくさいイメージがあったり、融通が利かないというか、「こうでなければならないのよ!」みたいなところがあって、私のような軟弱者にはツライところがあったんだけど、最近はちょっと変わってきたように感じている。

「ねばならぬ」は自分の首も絞める。具合が悪いときとか、疲れてるときとか、ちょっとズルしたいことって、誰でもあるはず。それでもいいじゃない。

気が付いたときにやってみる、できることだけやってみる。そこから始まって、もうちょっとできるかもにつなげていく。

それを続けていれば、できることが増えていく。それは自分にもうれしいことだったり、ちょっと威張れることだったりして、「あいつがやってるならオレもできるかも」って広がっていく。そういう広がりが大事なんだと思う。


| よもやま | 11:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://shimajima.aman-yu.com/trackback/347074
トラックバック