<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 カテゴリ別
 過去の記事
 投稿者一覧
リンク用バナー
奄美の島々の楽しみ方
shimajima.aman-yu.com
お勧め・関連書籍


RSS
<< 別府亮さん写真展 in 原宿 | main | サンゴの移植作業 >>
【最近読んだ本】世界屠畜紀行
奄美に通い始めてじきに、「昔は年の暮れには浜で豚をつぶしてた」と聞いた。いまは保健所の許可が必要なのでできなくなったけど、と話してくれる人たちは、みんな懐かしそうな顔。いまは行われなくなった集落行事を懐かしむのと、同じトーンがそこにあった。

東京生まれ、東京育ちの私は、小さいころ、肉屋さんに行って、タイミングよく大型冷蔵庫の扉が開くと、中に大きな枝肉がぶら下がっているが見られるのが楽しみだった。でもそれはもう「肉」であって、生きている豚や牛とは違うものだった。

ブヒブヒ、モーモーいっている豚や牛から、どうやってぶら下がっている枝肉(ときには肉屋のおじさんが肩にかついでいる光景も見れた)になるのか、まったく想像できなかった。

だから、懐かしげに話してくれる人たちを見ていて、この人たちには「豚をつぶす」ということが年中行事のひとつ、ハレの場ではあるけれど、ちゃんと暮らしの一コマとして刻まれていたんだな〜ということがうらやましかった。

トゥシケタの人は、つぶした豚を塩漬けにして、甕に入れて、高倉にしまっておいて、4月ぐらいまでは食べたとか、塩漬けにしておくと水が出てきて、それが高倉の上からポタッポタッと落ちてきたとか、そんな話をしてくれる。「いまの豚とは味が違う」とか、「こんな話してたら、ヨダレがでてきちゃったわ」なんていう人もいて、それはそれはうらやましいものだった。

30代ぐらいの人からも、「小さいころ、豚をつぶしたのは覚えてるよ」と、シッポをもらったとかなんとか、楽しい思い出のように聞いた。



数ヶ月前、どこかでこの『世界屠畜紀行』の紹介を見て、これはぜひ読みたいと思ったのは、そんな奄美の話や、私がいまだに知らない生きてる豚や牛→枝肉(パック詰め)のあいだの空白を埋めたいと思ったからだ。

タイトルを打ち込むのに「とちく」はもちろん、「とさつ」が変換されないのにびっくり! 「ほふる」は「屠る」に変換されるのに、なぜ?



著者の内澤旬子さんは「屠殺」ではなく「屠畜」という理由をまえがきでこう書いている。
 本書で私は「屠殺」ということばはなるべく使わずに、「屠畜」という馴染みの少ないことばを使っている。生きた動物を肉にするには、当然殺すという工程が含まれるのだけど、殺すということばにつきまとうネガティブなイメージが好きでなかったことと、これから読んでいただければわかるように、なによりも殺すところは工程のほんのはじめの一部分でしかない。そこからさまざまな過程があって、やっと肉となる。そう、ただ殺しただけでは肉にならないのだということを、わかってもらいたくて「屠畜」ということばを使っているんである。

この本は、解放出版社から出ていて、この原稿も雑誌『部落解放』などへの連載に加筆したもの。だから著者は日本はもちろん、7カ国(韓国、インドネシア(バリ)、エジプト、チェコ、モンゴル、インド、アメリカ)をまわりながら、屠畜を生業とする人たちへの差別があるのか?という視点が基本になっている。

けれど、決して堅苦しい話ではない。屠畜の現場、その工程を、詳細なイラストを交えながら生き生きと描き出していく。

エジプトの「ギザの大家族、羊を捌く」は、奄美で聞いた光景はこんなだったのではないか、と思わせられる。なんとこの家族、家の4階で羊を飼っている。そして彼女のために羊を捌くのだが、嫁いでいる娘も家族を連れてきていたり、ギャラリーは20人ぐらい。
いよいよ羊をつぶすと聞きつけ、みな、キャアキャアと騒ぎながら集まる。「こんなお客さんなら毎月でも歓迎だわ」なんて冗談も飛び交う。羊を押さえて首を切るときになると、「ベエーーー」と大声で啼く羊に、まずアヤちゃんが泣き出し、4歳のオマール君は逃げ出してしまった。ところが8歳になるムーディー君は、いつの間にか、食事用のナイフを持ち出して、カチャカチャ鳴らして切るまねをしたり、羊のしっぽについた大きな脂肪をぺたぺたさわったりと、おおはしゃぎ。

そして、みんなが内蔵を出して調理したり、肉を切り分けたりしていく様子は、みんなの動きが手際よすぎるほどスピーディに進む。つまりそれだけ羊を捌くことが暮らしの一部であり、作業に慣れている、ということがよく伝わってくる。

沖縄の章を読んでいて、解決した疑問がある。豚を浜でつぶすのはNGなのに、なんで「去年ヤギをつぶしたときは、うまく殺せんで……」という話はおおっぴらにOKなのか。

屠畜場以外での屠畜を禁じる「と畜場法」は、牛、馬、豚に適用されるものであって、ヤギは対象外だからだそうだ。

奄美では豚の毛は焼いていたそうだが、バリではココナツの殻をカミソリのようにあててジョリジョリ剃っていくとか、所変われば捌き方の細かいところが違ったりするのもおもしろい。でも、つくづく日本は「いのちをもらって生きている」ということから離れてしまっているな、と思わずにいられない。

そんないま、「いのちの食べかた」という映画が上映されている。屠畜だけでなく、魚や野菜、くだものが、食糧生産工場ともいえるところで管理・生産されている現状を取材・撮影したドキュメンタリーだ。

毎晩、楽しみながら読んだ『世界屠畜紀行』とは違って、こちらは「楽しい!」とはいえないだろうけど、24日には内澤旬子さんのトークショーもあるようだから、見に行ってみようかな。


いのちの食べかた
渋谷シアター・イメージフォーラムほか、全国順次ロードショー。

| メディア | 19:32 | comments(2) | trackbacks(0) |
コメント
ぼくも一度だけ、祖母の年祝いで経験しました。

与論でのこと。豚の毛は、剃っていました。
命を失いゆく豚の眼差しが忘れられません。
体を開かれた内臓や肉がとてもきれいだったのも覚えています。

いのち、ですね。
| 喜山 | 2007/11/19 9:29 AM |
『シマ ヌ ジュウリ』に掲載されている「豚の話」(広田哲宏)にも、「ウァクッシ」の様子が描かれています。

毛は、1)藁で焼く、2)湯をかけてから包丁で剃った残りを藁で焼く、3)藁で蒸し焼きにしてから包丁で剃る、の方法があったようです。

内蔵や肉のきゅらさは、初めて聞きました。こんど、また聞かせてくださいね。
| sarah | 2007/11/21 9:44 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://shimajima.aman-yu.com/trackback/415324
トラックバック