<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 カテゴリ別
 過去の記事
 投稿者一覧
リンク用バナー
奄美の島々の楽しみ方
shimajima.aman-yu.com
お勧め・関連書籍


RSS
<< 雑誌「カイラス」Vol.2 | main | 加計呂麻が「にほんの里100選」に >>
世界のサンゴ礁、激減中?
今年は「国際サンゴ礁年」なのだそうで、先頃、国際サンゴ礁シンポジウムが開かれたそうです。そこで現在のサンゴ礁の危機的状況などが報告された、という記事を読みました。

スタジオパーク 「世界のサンゴ礁の危機」
(解説委員室ブログ:NHKブログ 2008年07月24日)

テレビ番組を文字起こししたものですね。グラフィックも一部提供されています。

記事(番組)によると、なんと「世界の造礁サンゴの3分の1が絶滅の危機にある」のだそうです。
その危機の内容は

1.サンゴの白化現象 
2.生態系バランス変化 オニヒトデ異常繁殖
3.サンゴの病気発生

とのことで、
サンゴ異常の原因は、海水温、陸からの泥の流入。乱獲で魚種が減少しバランスを崩す。
原因はひとつではなく、これらの要素が複合してサンゴ礁の生態系が失われている。
とされています。

そんななか、沖縄名護市の東海岸、大浦湾でアオサンゴの大きな群集が発見、珍しい明るいニュースかと思いきや、辺野古の開発の悪影響が懸念されているそうです。

記事(番組)では、サンゴ礁の果たしている機能や、サンゴ礁の保全のためには、といったことも触れられています。ぜひリンク先をご覧ください。
| シマ情報 | 15:44 | comments(1) | trackbacks(0) |
コメント
与論島,浜下りの情報を調べていてたどりつきました。
とても分かりやすく,参考になります。

サンゴの白化現象,心配ですね。
ここ3年ぐらいで急に進んだ気がします。

また訪問します。
| sonic | 2008/11/26 8:42 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://shimajima.aman-yu.com/trackback/624918
トラックバック