<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 カテゴリ別
 過去の記事
 投稿者一覧
リンク用バナー
奄美の島々の楽しみ方
shimajima.aman-yu.com
お勧め・関連書籍


RSS
<< 発音でニュアンスが変わる | main | 地震といえば >>
干上がったサンゴ
スマトラ沖大地震:震源から1千キロ離れたサンゴが隆起

04年末のスマトラ沖地震。約1千キロ離れたアンダマン諸島北部のサンゴ礁が最大1.3メートル持ち上がり、南東部は逆に最大1メートル沈んでいたそうだ。

写真を見ると、人の背丈より直径がありそう。高さは腰まではいかない? というくらいの珊瑚が完全に地表に出ている。

地殻変動で海面から持ち上がり、干上がったらしい。


こんな大きなサンゴが? と思うけど、喜界島、沖永良部島、与論島だってサンゴ礁が隆起してできた島なんだもの。「地球の歴史」として考えれば、大きな地震、地殻変動があるときには珍しくないこと、私がこういう絵を見慣れていない、ということなのかもしれない。


[喜界島][沖永良部島][与論島]
| よもやま | 15:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://shimajima.aman-yu.com/trackback/79266
トラックバック