<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 カテゴリ別
 過去の記事
 投稿者一覧
リンク用バナー
奄美の島々の楽しみ方
shimajima.aman-yu.com
お勧め・関連書籍


RSS
<< 「奄美の泥あそび展」明日が最終日 | main | 『奄美の野鳥図鑑』 >>
これからは「奄美語」でオッケー?
世界的な基準で見ると、奄美の言葉は独立した言語と見るのが妥当なんだそうです。

世界2500言語消滅危機、ユネスコ「日本は8語対象」(朝日新聞 2009年2月20日)
まずアイヌ語が挙げられ、次のように続きます。
このほか沖縄県の八重山語、与那国語が「重大な危険」に、沖縄語、国頭(くにがみ)語、宮古語、鹿児島県・奄美諸島の奄美語、東京都・八丈島などの八丈語が「危険」と分類された。ユネスコの担当者は「これらの言語が日本で方言として扱われているのは認識しているが、国際的な基準だと独立の言語と扱うのが妥当と考えた」と話した。

ううむとうなってしまうのは、次の箇所。
 ユネスコのフランソワーズ・リビエール事務局長補は「言語消滅の原因には、次世代に伝える意思を失うという心理的要素が大きい。自信を持って少数言語を話せるよう条件づくりに努めたい」と話している。
そうなのか、意思って(この場合は意志かな?)思いのほか重要なのだな。確かに意識して残そうとしなければ、地域のボーダーが薄れて行くなかで自然消滅してしまうものかもしれない。

専門家の意見がまた、深いというか微妙というか。
 崎山理・国立民族学博物館名誉教授(言語学)の話 方言と言語の区別は明確ではなく、政治的に決まってくる部分もある。私は話し手が固有の文化を持っていれば、独立した言語とするべきだと思う。琉球諸島では、かつてはそれぞれの島の言葉は大きく異なっていたが、交通が盛んになるにつれて元の形が失われている。単一民族神話も手伝って、日本で話されている言語は一つだけと思われがちだが、実は多様性があることを知ってほしい。

     ◇

 西岡敏・沖縄国際大准教授(琉球方言学)の話 沖縄のほとんどの言語は危機にひんしている。言語を文化遺産として認識し、保全していくことは重要だ。ただ、沖縄では村ごとに言葉が違うと言われる。今回のような大きな枠組みでくくることが正しいのか、そこで漏れたもっと少数派の方言をどうするか、など考えなければならない点もあるだろう。
今回、消滅の危機にあるとされた諸言語は、経済的弱者とおぼしき自治体の言語ばかりだ。アイヌ語に至っては生活基盤となるべき地域さえ失っていると言える(北海道に拠点がないわけではなくとも、基本すでに「出身地」でしかないのではないか)。他地域でも、若年層はおそらく「一旦は外に出て行く」ことを余儀なくされる。言語の伝承にあっても、そうした点が大きなネックになっているということはあるのではないか。

そう考えると、「文化財として残す」といっても、心意気の問題だけではなく、常に政治や経済との兼ね合いが生じるということでもある。文化財なんて言われると、「死んだ文化」「標本の保存」みたいなイメージがつきまとい、「そんなもんいらん」「生きてなかったら文化じゃない」という声も予想できるけど、「そんなもん」でさえ残すには金も手間も意志も、ひとつとして欠かしていいものはない。

それをはやりの「自己責任」で現地にだけ任せてしまいかねないのが、今のヤマトであることを悲しく思う。今年この時期にあっては未曾有の経済危機のさなかではあるけれども、そしてそれはかつてない長期間続くものになりそうではあるけれども、その波はアイヌ民族を琉球弧諸民族をこそ激しく打つだろう。ヤマトが「近隣諸地域・諸国の誇り高い隣人」であるためには、なにをすべきで、なにをすべきでないのか。そんなことも考えてしまう。
| メディア | 13:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://shimajima.aman-yu.com/trackback/842452
トラックバック