<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 カテゴリ別
 過去の記事
 投稿者一覧
リンク用バナー
奄美の島々の楽しみ方
shimajima.aman-yu.com
お勧め・関連書籍


RSS
与論島を舞台にした映画「めがね」
与論島を舞台にした映画「めがね」をみた。

よくもこれだけ、島の空気感を伝えられるものだと感心した。

与論島クオリアの喜山さんが「めがねウォッチ」というカテゴリでいろいろ書いているのをみていたけど、ほんと、与論の空気を吸いたい人にはおすすめです。

続きを読む >>
| シマ情報 | 23:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
GW in ヨロン
毎年GWには与論島へ行くようにしている。
もちろん遊びではなく取材目的の出張。

一時の隆盛は影をひそめたといえど、いまも観光業に相当の
力を入れる与論島には、毎年GW中に多くの観光客が足を運ぶ。
一方、農業立島を自認する沖永良部島では目立った行事がない。
バレイショ収穫か、サトウキビの植付けや管理作業の追い込み時季
といった印象で、休暇を楽しむ目的の島民はむしろ島外に脱出する。
自然、入り込み客を見越したイベント(新聞記者にとってはネタ)
が開かれる与論島に足が向くのだ。

今年は、恒例となっている「銀座通り感謝祭」に加えて
国指定無形民俗文化財「与論十五夜踊り」が奉納される豊年祭と
与論町漁協が初めて開催した「おさかなまつり」もあって
週に2度も行ってしまった。




続きを読む >>
| シマ情報 | 17:26 | comments(2) | trackbacks(0) |
与論十五夜踊り
昨日、5月1日は旧暦3月15日。与論十五夜踊りの日。
ブログ検索をかけてみたけど、レポートが見当たらない。まさかみんな与論献奉で倒れてる、なんてこともないだろうに。。。

全国郷土紙連合のサイトで南海日日の記事を見つけました。南海日日の記事、ここで読めるんですね。

「与論島ってどこ?どんなところ?」というブログにも与論十五夜踊りの紹介記事があります。
続きを読む >>
| シマ情報 | 12:57 | comments(3) | trackbacks(0) |
盤山
4日の南日本新聞から。
かりゆしバンド 盤山訪れ与論民謡/錦江


先日紹介した『与論島移住史―ユンヌの砂』によると、盤山への入植は昭和21年7月18日から行われた。
続きを読む >>
| シマ情報 | 20:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
【雑誌】「島へ。」
shima_he_1島へ。
特集:南の島の仕事のカタチ

2007年5月号(海風舎)

奄美大島7人、沖縄3人、屋久島1人、合計11人を「南の島でどうやって仕事=生活するか」という視点から紹介。
続きを読む >>
| メディア | 16:03 | comments(2) | trackbacks(0) |
【雑誌】カラカラ

沖縄の素顔を伝えるーLIFE STYLE MAGAZINE
季刊カラカラ第21号
特集:あの雲の下に
   島々の奄美

与那原 恵 写真/矢幡 英文

昨年末発行ぐらいだったので、ずいぶん紹介が遅くなってしまいました。

季刊カラカラ第21号


特集の最初は奄美大島・笠利町のカフェ夢紅でのイベントレポート。

続いて奄美大島、加計呂麻島、喜界島、徳之島、沖永良部島、与論島を歩きながら南下していく感覚。
各島についての文章は決して長くはないけれど、それぞれ島の大事なところをちゃんと抑えている。

やっぱりカラー写真をたくさん使えるのはいいなぁ。


[奄美大島][喜界島][徳之島][沖永良部島][与論島][奄美群島]
| メディア | 15:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
本書で紹介できなかった本 その1:『与論島移住史』
2004年1月。与論に向かう前に打合せをした編集者は、
旅行ガイドブックの編集者にしては、気のきいたことを言う人だった。

 ヨロンって、何も考えずにアタマをスッカラカンにできる島って
 いわれてるけど、それだけじゃないはず。
 その「それだけじゃない」を見つけてきてほしい。

このKさん(≠kamezoさん)の強い推薦のおかげで
私は念願の奄美の島々フェリー北上の取材行が
できることになったんだし、
「おまかせくだされ!」の勢いだった。

続きを読む >>
| シマ情報 | 00:08 | comments(3) | trackbacks(0) |
もう一度会える
与論島クオリアさんの「洗骨」の話を読んで思い出した。

たしか2002年の2月頃だったと思う。
続きを読む >>
| シマ情報 | 18:08 | comments(3) | trackbacks(0) |
干上がったサンゴ
スマトラ沖大地震:震源から1千キロ離れたサンゴが隆起

04年末のスマトラ沖地震。約1千キロ離れたアンダマン諸島北部のサンゴ礁が最大1.3メートル持ち上がり、南東部は逆に最大1メートル沈んでいたそうだ。

写真を見ると、人の背丈より直径がありそう。高さは腰まではいかない? というくらいの珊瑚が完全に地表に出ている。

地殻変動で海面から持ち上がり、干上がったらしい。


こんな大きなサンゴが? と思うけど、喜界島、沖永良部島、与論島だってサンゴ礁が隆起してできた島なんだもの。「地球の歴史」として考えれば、大きな地震、地殻変動があるときには珍しくないこと、私がこういう絵を見慣れていない、ということなのかもしれない。


[喜界島][沖永良部島][与論島]
| よもやま | 15:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
発音でニュアンスが変わる
mizumaさんが本のオビキャッチ「ディ! 島ち行こうでぃ」録音してくれました。

> ちょっと控えめ。
かなり控えめ、です(^^)
続きを読む >>
| シマ情報 | 19:09 | comments(2) | trackbacks(0) |
めっけた話2つ
前田さんの「@やつちやば」に、マリンレジャーの項に出てくる谷口さんのパッションフルーツが紹介されてました。

こだわりの土づくり 奄美パッションフルーツ
http://www.synapse.ne.jp/%7ekudamono/passion/passion.htm

バンガートさんのブログ「スローライフしながらRICH」で見つけた「KKBふるさとCM大賞」。優秀賞の和泊町をはじめ、奄美のシマもいくつも出てます。ほのぼのしてます(^^) 

第5回KKBふるさとCM大賞
http://www.kkb.co.jp/event/cm2006/index.html

[奄美大島][沖永良部島][徳之島][喜界島][与論島]
| シマ情報 | 12:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
画面構成と使い方
画面説明

画面は大きく4つのブロック(上部、左サイド、右サイド、中央)に分かれます。
続きを読む >>
| はじめに | 10:16 | comments(0) | trackbacks(0) |